【第5回】WordPressで記事を投稿してみる【WordPressはじめてみた】

WordPress

結論

WordPressで記事を投稿するための最低限の操作は、
1.WordPressの「投稿」エリアから「新規追加」をクリックする
2.記事を書く
3.URLスラッグ、カテゴリーを入力して「公開」する
 の3ステップだけです。
投稿した記事は、「テーマ」と呼ばれるテンプレート形式に従って表示されます。

このシリーズについて

このシリーズではWordPressに初めて触れる人を対象に、
「WordPressってなに?」というところから、
実際にサイトを立ち上げてみるところまでを、
できるかぎり平易に説明していきます。

第5回のテーマはズバリ、「WordPressで記事を投稿してみる」です。

この記事の目的

  • WordPressで記事を投稿する方法 を明らかにする。

WordPressで記事を投稿するために必要な手順

1.カテゴリーを作成する(投稿前に準備しておくとベター)

各投稿には、たとえば”日常”の話題なのか、”仕事”の話題なのかを区別するための、
「カテゴリー」を付与することができます。これにより、
「カテゴリー別」で記事を一覧でまとめることができるようになります。
アーカイブ機能は各テーマで提供されている場合があるので、
「テーマ」の回で詳細は説明します。

WordPressの管理画面の「投稿 => カテゴリー」から、
現在のカテゴリーの一覧を表示することができます。






画面の見方としては、左側が設定画面、右側が現在のカテゴリーの設定情報です。

カテゴリーの設定画面

名前は、画面上に表示される名前です。分かりやすい名前をつけておきましょう。
スラッグとは、英数字とハイフンのみで表現できる、一意の名前です。

親カテゴリーを使えば、複数のカテゴリーを整理できます。
たとえば、「料理」というカテゴリーと、「和食」というカテゴリーがあるなら、
「和食」の親カテゴリーは「料理」となります。
この親子関係は、右側の一覧では「―(ダッシュ)」で表現されます。

ここまで設定出来たら、「新規カテゴリーを追加」をクリックすれば、
文字どおりカテゴリーが追加されます。

WordPressで投稿を始めよう! と思ったということは、
おそらく「こんな投稿をしたいし、こんな投稿もしたい…」というアイデアがあるはずです。
それらをあらかじめカテゴリーとして定義しておくと、
後々で関係性を見直したり、逐一追加したりする必要がない
ため、
可能なら記事を書き始める前にあらかた設定し終えておきましょう。

2.投稿画面を開いて、投稿記事を作成する

投稿 => 新規追加で記事の投稿画面へと移動します。

こちらが、新規投稿画面です。
一番左の列では、見出しや段落、画像など挿入可能なものが一覧で表示されています。
初期表示画面では一番左列は非表示のため、
画面左上のWordPressマーク横の「+」をクリックする
と、
このエリアを表示することができるようになります。

真ん中のエリアで、記事を作成します。
適宜「見出し」や「画像」を挿入することで、
見栄えのよい投稿を作ることができます。

右上のエリアでは、書いたものを一時保存したり、
実際どのように見えるのか? をプレビューできます。
また、もっとも大事な機能である「書いたものを公開する」ためのボタンもここにあります。

右側のエリアは、カテゴリーやタグ、アイキャッチ画像などを設定できます。
アイキャッチ画像は記事のサムネイルのようなものです。
このエリアで、URLスラッグ(後述)も設定する必要があります。

3.URLスラッグを設定する

URLスラッグとは、簡単にいえば「その記事を特定するための文字列」です。
URLスラッグは投稿画面の右側の「パーマリンク」エリアにありますが、
ここを表示させるには一度「下書き保存」をクリックする必要があります。

記事を一意に指定するための文字列となるので、重複しないように考慮します。
また、投稿をシリーズ化する場合は、末尾の数字をカウントアップしていくなど、
スラッグをどのように命名するかも一考が必要です。

4.プレビューで実際の画面を確認し、公開する

記事が完成したら、いざ公開! と行きたいところですが、
まずは右上の「プレビュー」をクリックして、画面上でどのように見えるかを確認します。

誤字脱字の確認はもちろん、
あまりにも文章が連続しないか? 画像の挿入位置は適切か?
などを読者目線で一通り眺めてみて、
問題がなければ「公開」ボタンをクリック
します。

これで記事の投稿は完了ですが、冒頭でも書いた通り、
WordPressで作成した記事は「テーマ」と呼ばれるテンプレートに載って表示されます。
その仕組みは次回、ご紹介します。

改めて結論

WordPressで記事を投稿する前に、カテゴリーを定義しておきます。
その後記事を作成したら、URLスラッグやタグ、アイキャッチ画像を設定し、
一度プレビューをして見え方を調整します。
その後「公開」ボタンを押せば、記事が公開されます。

次回予告

次回第6回はいよいよテーマについて扱います。
「テーマ」を使うことで、いきなり機能的でオシャレなサイトが作れるとともに、
SEO対策や広告登録まで出来たりします。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました