【第1回】WordPressってなに?【WordPressはじめてみた】

WordPress

結論

WordPressとは、
誰でも自由にカスタマイズができて、
テキストや画像などのコンテンツが管理できるシステムです。
次項以降で、この2点をより分かりやすく、深堀りしてみましょう。

このシリーズについて

このシリーズでは、WordPressに初めて触れる人を対象に、
「WordPressってなに?」というところから、
実際にサイトを立ち上げてみるところまでを、
できるかぎり平易に説明していきます。

初回のテーマはズバリ、WordPressってなに?」です。

この記事の目的

  • WordPressとはなにものか? を明らかにする。
  • WordPressを使うと、なにができるのか? を明らかにする。

WordPressとはなにものか? なにができるのか?

コンテンツを管理するシステムってどういうこと?

WordPressでは、ブログやホームページを作成できますが、
それらを構成するページが1つの「コンテンツ」です。

これらのコンテンツを管理するシステムのことを、
CMS(Contents Management system)と呼びます。

コンテンツを”管理する”とはどういうことでしょうか。

これにはいくつかの意味がありますが、たとえば、

  • 日付やカテゴリ、タグごとに集計したり並び替えたりする
  • 作成したコンテンツを編集したり、削除したりする
  • それぞれのコンテンツの体裁を自動的に整える

などが当てはまります。
コンテンツを”本”に、それを格納しておくデータベースを”本棚”に例えるなら、
作者でソートしたり、よく読まれる本を取りやすい位置に置いてくれたり、
棚に合わせて本の見た目やサイズを自動で調整してくれるわけです。

これらの機能が最初から備わっていて、誰でも使えるという点で、
WordPressはCMSである、と言うことができます。

“誰でも自由にカスタマイズ”の正体とは?

また、前提として、WordPressはOSS(Open Source Software)です。
簡単に訳せば、“ソースコードが公開されているソフトウェアです。

まず”ソフトウェア”を定義しようとするとやや込み入った話になるので、
ざっくり「PCやスマホなどで動作するヤツら」と考えてください。
Twitterや、Skypeや、LINEなど……です。

そして、これらの”ソフトウェア”は例外なく、
“ソースコード”という命令文によって動作を指示されています。
たとえば、電卓アプリに「1+1」と打ち込んで、毎回必ず「2」と出てくるのも、
そのような命令文(ソースコード)が書かれていて、
ソフトウェアがそれを忠実に守っているからです。
逆に言えば、ソースコードに書かれていないことは、
ソフトウェアは一切やってくれない
のです。

けれど、私たちが普段使うソフトウェアに、
どんな命令文が書かれているか? なんて意識しませんよね。
意識したとしてもそれを見ることは容易にはできないし、
まして勝手に書き換えることもできません。

……と、ここまで読んだところで、
ではOSSとはなにか? どんなメリットがあるか?
が逆説的に理解できたかと思います。

見た目を変えたり、機能を追加したりできる

OSSのソース書き換えイメージ

上で書いた通り、
“オープンソースではないソフトウェア”は、
勝手に命令文を自由に書き足したり、削ったりすることはできません。

OSSでは、それができます。

「大丈夫なの? そんなことしたら、WordPressが動かなくなるじゃん!」
と思われるかもしれませんが、安心してください。
削ってはいけない命令文を削ると、ちゃんと動かなくなります。


どこをどう変えれば、どんな機能が追加できるか、
それはWordPressの仕組みを学習して、学んでいくしかありません。

いたずらに不安を煽っても仕方がないので補足をすれば、
ソースコードを編集するスキルがなかったとしても、
WordPressを扱うことは十分にできます。


WordPressが多くの人に使われている事実が、その証左です。

ここでは、あくまで、
基本機能を使うだけでも便利なのに、
より高度でニッチなカスタマイズも好きにできる!

それがOSSの良いところであり、
ひいてはWordPressが初心者から玄人に好まれる理由
とだけ覚えれば大丈夫かと思います。

改めて結論

WordPressは、OSSのCMSです。
基本機能を使うこともできるし、カスタマイズもできる」柔軟性を備え、
投稿記事やページコンテンツの面倒な管理もやってくれる」頼れるシステムです。

次回予告

WordPressがなにものか分かったところで、
次回は「WordPressを使うと、誰にとって、なぜ嬉しいのか?」というテーマで、
WordPressを使うメリットをご説明します。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました